受賞記念で街の掃除

こんにちは、魚町銀天街SDGsプロジェクトメンバーのちくわんです!ちなみにちくわんはうちの犬の名前でした。今は星になっています。

とても可愛い犬でしたが、その件(犬)はまた別の機会に。。。

えーと、第3回ジャパンSDGsアワードで内閣総理大臣賞を受賞した件は、報告させて頂きましたが、先日それを記念して報告会を実施しました。また、受賞記念に何かイベントできないかなあとメンバーで話し合った結果、グリーンバード北九州さんと街を掃除しよう!ということになりました。なんか魚町銀天街らしくていいよなあと自画自賛しております。

グリーバード北九州という団体は渋谷で始まった GREENBIRDの北九州版です。主に北九州市立大学の学生さんが中心に活動していますが、中学生からシニアまで幅広い層の方が参加しています。その活動は世界でもトップクラスだそうです。
http://www.greenbird.jp/team/kokura

今回は魚町銀天街SDGsプロジェクトメンバー10名もそこに参加させて頂きました。

受付を終えてリーダーの指示で4グループに分かれて出発することになりましたが、ちくわんのチームはなぜか男性だけ、全然SDGsじゃないじゃん!と思いましたが、鍛冶町という北九州有数の繁華街が担当エリアとのことで納得。

リーダーの小林くんが、3年間の活動を終える記念すべき日ということで、写真を多目に取りながらお掃除。道端にはたくさんの吸殻、紙ゴミが落ちていました。いつもとは違う視点で街を眺めるととても新鮮。ちなみに翌日から街のゴミがすごーく気になるようになります。良い副作用。

約30分くらいの掃除を終え、各グループのゴミの量を計測。ちくわんのチームは確か4番目くらい。。。

今回で引退するもう一人のリーダーりこさんの言葉がとても印象に残りました。
「3年間掃除したけどゴミはゼロになりませんでした」
重たい言葉です。やり遂げた人にしか言えない言葉。
ちくわんは「でもやってなかったらもっと増えてたかもしれないよ」と返すだけで精一杯。ゴミをゼロにはできなかったかもしれませんが、その想いはたくさんの人に受け継がれていくと思います。

最後にお願いです。皆さんゴミはゴミ箱へ、または持ち帰ってください。

掃除を終えた我々は受賞報告会へ移動、その様子は次回お知らせします。